バリュー・ファクターで「最高価値」(テロス)を明らかにすることの意味を、誤解している人が多い。 最高価値に生きることは、自分らしさから遠ざかる行為であることに氣付くことが大事である。

お問合せはこちら

メイン画像

やる研レポート

自分らしく生きること≠最高価値に生きること

岩元 貴久

私が間違っていなければ、誰も他人の真似事をして生きたいとは思わない。

 
他人にいちいち指示を受けて、言いなりの人生を歩みたいとは思わないだろう。

 

 

自分の思い通りに生きたい!・・・誰もがそう思っているに違いない。

 
成功するのであっても、自分らしく成功したい・・・そうだろう?

 
自分を偽ってまでお金が欲しいとは思わないはずだ。

 
自分に正直に、自分らしく生きる。それが誰しもが望んでいる生き方ではないか。

 
さて、では「自分らしく生きる」ことの「自分らしさ」とは何だろう?

 
この問いは簡単そうで、実はなかなか奥深い。なぜなら、多くの人が誤解しているテーマだと思うから。

 
これを読んでいるあなたは、そんなことはないと思いますが、結構な人が「自分らしさ」を「自分のスタイル」と解釈しているようだ。

 
一番身近なことでいうと「髪型とか着る服の好み」。

 
いわゆるファッション。同じようなファッションでいることを「自分らしさ=アイデンティティ」としている人が案外多い。
スタイルとは、好みであり趣向のことであってアイデンティティではない。

 
それは自分らしさの一部と言えなくもないが、本質の点からいえば、本当に端っこのごくごく小さな一部に過ぎない。

 
「自分らしさ」について、真剣に考えたことがある人にならば、自分らしさを自分の価値観に紐づけて答えることだろう。

 
あなたが、やる研レポートやドクター・ディマティーニのバリュー・ファクターをご存知であればなおさらだ。

 
私たちやる研が、推奨している「バリュー・ファクター」(以下、VF)を使うことによって、私たちの価値観の優先体系を明らかに(可視化)することができる。

 

 

価値観とは、私たちの物事に対する認識、判断、行動の基準となるものだ。

 

 

つまり、価値観に合致しているものに対して良いとか好きといったポジティブな反応を示し、合致していないものに対しては、嫌い、拒否、避けるといったネガティブな反応を示す。

 

 

そして、価値観には優先順位がある。例えば、自分にとって大切なのは、1番目が家族、2番目がお金、3番目が仕事、4番目が健康・・・・といった感じだ。

 
この優先順位は、人それぞれユニークである。

 
優先順位が高ければ高いほど、私たちはそれをすることに情熱を傾け、一生懸命になり、積極的になりかつ知性や能力も発揮することができる。

 
優先順位が低い分野では、それと逆になる。

 
しかし、これをして「自分らしく生きる」ことを自分が価値を置いている「最高価値に生きる」ことと誤解している人が結構いるので、注意してほしい。

 
もし「最高価値=自分らしさ」というのであれば、それは最初に述べた「自分らしさ=スタイル」と本質的に変わらない、ことに氣づいていただきたいのだ。

 
どちらも自分が好きなことであり、それは既に過去から自分がそうしてきていることであり、自分の好きなこと(最高価値の分野)に執着した生き方にすぎないのである。

 
確かに好きなことに全力を傾ければ、その分野で優れた成果を出せるかもしれない。

 
しかし、「意識」という点ではどうだろう?

 

 

それで意識は拡張するだろうか?

 

 

意識に広がりはあるだろうか?

 
もしかすると、人生には自分がまだ知らない、出会っていない未知の分野があるかもしれないのだ。

 

 

ただ単純に最高価値のみに生きてしまう選択をすると、それらと出会うチャンスを逸することになりはしないだろうか。

 

 

そして、それはすなわち自分の可能性を発揮する機会を失うことになりはしないか?

 

 

現時点での既知の分野限定の中での最高価値に生命をかけた生き方は、本当に自分らしく生きたことになるのか?

 
自分らしさとは、スタイル(好み、限定された最高価値のみ)に執着することではない。

 
真の自分らしさとは、可能性に生きることである。

 
きっと次の言葉を聞いたことがあるはず・・・

 
真の自分は、無限の可能性を持っている。

 
真の自分は、無限の叡智を持っている。

 
・・・・・・・

 
これは観念的な教えでも、スピリチュアルな宣伝文句ではなく、真実である。

 
自分らしさとは、可能性なのだから。

 
自分の中にある能力、知性、体力、エネルギーのすべてを最大限に発揮することで現実に表現できることが「可能性」だ。

 
レオナルド・ダ・ビンチは、真の自分を知り、自分の可能性を表現した人だ。

 

彼の生き方は、本来の可能性=自分らしさを取り戻し、自分らしく生きたといえる。

 

 

バリュー・ファクターによって、最高価値を見つけることができるのは、ご承知の通り。

 
しかし、それを最高価値のみに生きるために使ってしまっては、「自分らしさ=可能性」という点からすれば、なんと偏狭なことだろう。ある意味、自分らしさから遠ざかる行為といえないだろうか。

 
バリューファクターによって最高価値を明らかにする意味は、そこではないのだ。

 
私たち、人間は自分が最高価値と認識すると、能力や知性を最大に発揮できるようにできていることを認識することが重要なのだ。

 
つまり、それは言い換えるならば、最高価値と認識する分野が広がれば広がるほど、自分の可能性をどんどん表現できるようになるということ!

 
バリュー・ファクターには、あらゆる分野のことに価値を認めることができる手法が含まれている。

 
それこそがバリュー・ファクターの持つ最大の価値といってよい。
「でも、フォーカスすることが大事だと言いますよね。それに反するのではないですか?」

 
フォーカスすることの重要性を説くのは、その前提として人間は無限の可能性を持つ存在だということを知らない人、信じていない人が言っているにすぎない。

 
フォーカスすることで、成果を上げることができる。これは、フォーカスしない分野は成果を上げることができないという意味と捉えるべきである。

 
フォーカスとは、最高価値の認識であると言い換えるとおわかりいただけると思う。

 
いろいろな複数のことそれぞれを最高価値だと認めると、それら認めた分野でそれぞれ成果を上げることができるのだ。

 

 

つまり、誰もがダ・ビンチのように多様な分野に天才性を発揮できる可能性があるということだ。

 
企業の場合、リソースが限られているためフォーカスという戦略は当てはまるだろう。

 
が、人間個人の場合、そもそもが無限の可能性を持つ存在であることを前提とするならば、最高価値と認める分野が広がれば広がるほど、本来の能力と知性を発揮することにつながるのである。

 
まとめると:
自分らしさを発揮し、自分らしく生きるために、まずは自分が持つ価値観を知ること、そして価値観の優先体系を知り、確かに最高価値の分野で自分がらしさを発揮していることを認識することがまず大事。

 
次に、これまで自分が価値を認めていなかった分野に対する認識を変える。つまりそれはそれらの分野を最高価値であるという認識に変えるということ。

 
たったこれだけで、あなたの中にある真の能力、知性、好奇心のエネルギーが沸き起こり、活力に溢れだす。

 

 

自分ができることの可能性が大いに現出するのである。

 
「でも、それらはどうやったらできるのですか?」

 
バリュー・ファクターには、そのためのテクニックがある。しかも整然と、それでいて非常にパワフルに!

 
ご興味あれば、こちらをクリックして確認してほしい。

 

一覧へ戻る