夢を予定に変えるゴールセッティング

電話番号

2019年の人生計画、夢の実現に向けて

あなた夢が想像→計画→予定に変わります…

過去に何度もゴールセッティング(目標設定)について学び、実践してきたけれど、途中で挫折したり、目標で未達で落胆してきた方へ…

 

成功したい、お金持ちになりたい、幸せになりたい・・・と願うのは、古今東西、私たちに共通する願いです。

ニーズがあれば、それを満たす商品やサービスが生まれ…

問題があれば、それを研究/分析して解決する手段を見つける…

人類は、こうして様々なものを創造し、発展してきました。

先にあげた成功願望、幸せ願望についても同じように、私たちの願い(ニーズ)に応えて…

自己啓発書やセミナーが存在しているわけです。

そうした啓発的な教えによると、私たちの願望は以下のことをすれば叶うとされています:

  • 欲しいものを明確にして紙に書き出しなさい…
  • 思い望む人生をビジュアル化しなさい…
  • なりたい自分をアファーメーションにして現在形で唱えること…
  • 否定的な言葉を使わずにすべて肯定的な言葉を使うようにしなさい…
  • 目標を書き出した紙を持ち歩いて日に何度も読み返すこと…

上記のことを徹底して行うことで、成功を手に入れ、幸せになれると教えられています。

そして数年前、この教えが絶頂期を迎えました。

まだ私たちの記憶に新しい「引き寄せの法則」です。

本『ザ・シークレット』を発端として、世界的に「引き寄せの法則」ブームになりました。

どんな夢も叶えることができる引き寄せの方法を世界中の人たちが知ることになり・・・

これで、世界中に何百万、何千万人もの夢を叶える人が続出ー!

 

と、思いきや…

 

残念ながら、それは現実に起こりませんでした…

むしろ、それとは真逆のことが世界て規模で起こりました。

『引き寄せの法則』によれば、私たちがポジティブな思いを明確にすることで、その願いは現実になり、世界中に豊かさと平和が訪れると期待されましたが…実際に起こったことは:

1. リーマン・ショックによる世界的な金融危機

2. 不動産バブルの崩壊

3. テロの頻発と民族間/宗教観の違いによる争いの激化

4. 世界中で頻発する自然災害

 

もちろん、上記の事象は私たち個人の願望実現の方法論とは直接関係するものではありませんが、それでも個人の願望の総和が世界経済、世界平和、地球環境としてマクロに現れると考えれば、『引き寄せの法則』の効果性について検証の一考となるでしょう。

ただ、実際に目標設定に取り組んだ人たちの中で、これまで長年抱いてきた夢を実現した人たちがいるのも事実です。

しかし、それは全体からみれば一握りの限られ、『引き寄せの法則』を信じ、欲しいものを紙に書き出し、ビジュアライズして、日に何度もアファーメーションを唱え、それらを現実に引き寄せることを夢見た人たちの多くは、失望に終わったと言われています。

 

 

間違った引き寄せの法則ー目標設定

『引き寄せの法則』をはじめとする目標設定に取り組んだ人たちが、途中で挫折したり、目標未達に落胆する過程で共通する経験は:

1. 設定した目標が途中で本当にやりたいことではないことに気づいた

2. 目標を実現するための行動計画を実行するのが面倒に感じ、だんだん苦痛に感じるようになった

3. いつしか目標が義務に感じ、精神的にも体力的にも負担に感じるようになった

4. なかなか目標に近づかないために、自信がなくなり、そういう自分が嫌になり始めた

といったものです。

目標を書き出した時にあれだけ興奮したにもかかわらず、時が経ち、ふと気がついたときには、目標を書いた紙(手帳)を見なくなっている…

あなたも、同じようなことを経験したことはないでしょうか。

 

目標設定で見過ごされていること・・・

なぜ、設定した目標に向かって行動していく途中で、面倒に感じたり、精神的に疲れたり、身体的にもダルさを感じるようになるのでしょうか?

なぜ、目標としているものがなかなか手に入らず、期待していることと異なる結果になってしまうのでしょうか?

その答えは…

認識する○○が誤っているのが原因です。

それが誤っているがために、途中で目標を見失います。

目標を達成しようとする意欲を失います。

思考も働かず、気力も減じ、体力も減じます。

元気が湧いてこないし、チャレンジ精神を失い、楽(らく)なことをもとめるようになります。

目標を達成することは、自分がそうしたいと望むことではなく、いつしか外から課せられた目標のように感じ、辛いものとなり、それから目を背けるようになります。

こうして、目標としていたことは、あなたから遠ざかるのです。

しかし、○○さえ間違わなければ、それとは逆の現象が起きます。

 

○○に生きる=予定どおり現実化する人生

さて、○○とは何でしょうか?

ヒント:漢字2文字です。

○○さえ間違わなければ、あなたの夢は、これから起こる予定になります。

予定どおりに生きるということは:

  • 意識せずとも自動的に目標に向かって行動している…
  • 心配や不安がない…
  • アイデアがどんどん溢れ、気力も体力も充実している…
  • 問題は「障害」ではなくチャレンジしたい課題になる…
  • 「生きてる」という実感に溢れる人生…

なによりも、あなたが本当に望んでいた人生を体験することを意味します。

あなたの人生に本当に実践的に活かせる知恵だからこそ、あなたの行動を強く促す形で学んでいただきたい!

そこで、二人の目標達成のエキスパートを講師に迎え『夢を予定に変える方法』をテーマに、セミナーを開催することにしました。

 

講師紹介

 

ジョン F. ディマティーニ
世界的な人間行動学のスペシャリストであり「ディマティーニ・メソッド」「バリュー・ファクター」の開発者。
年間300回以上の講演を世界60カ国以上で行い、世界的な大企業の経営者、アスリート、ハリウッドスターのメンターとなっている。

“Be Authentic”(自分らしさ)と”Do what you love.”(好きなことをし)”Love what you do.”(やるべきことを愛する)人生を送るための目標設定やマインドのあり方を体系化した実践的な指導は世界トップクラスと評される。

Demartini Instituteの創始者でありCEO

李 英俊(リ ヨンジュン)

「教えるように生きる」「人は変れるを証明する」 「ありのままに生きることの絶対的な肯定」をモットーに、 エグゼクティブクラスの指導者として、ゴールを大きく更新するメンタリングセッション、 リーダーシップ開発・組織エンゲージメントに圧倒的な強みを持つ。

外資系コンサルティングファームにて、官公庁・民間企業への 事業再生・組織変革に従事後、複数企業にて取締役で迎えられ、新規事業開発、組織人材開発、 マーケティング、コンサルティング事業を率いる。

マネジメント・ 経営人材の育成など16年間で、1600回以上、3万時間以上のトレーニング・講演実績を持つ。
Mindset,inc代表取締役

 

プログラム構成

第1部:
- 現状の外のみがゴールの脳の仕組み
- 2つの異なるタイプのゴールの見分け方
- チャレンジを阻むの要素の撃退法
- 全く新しいゴール設定ワーク
- 私たちの人生にhave toは存在しない

第2部:
- 目標を絵に描いた餅にしないために大事なこと
- 人生7つの領域とバランス
- モデリング vs オウニング
- 事例紹介
- 夢と予定の違い
- 自分とのコミュニケーション、他人とのコミュニケーション

 

本プログラムでは、実際のワークに取り組むことで、これまで本人の認識になかったようなコンフォートゾーンの外にあるような目標を設定する体験と心象風景を手にすることになります。

これまで行ってきた誤った目標設定によって、自らを矮小化してしまったり自信喪失することがあった方にとって、目から鱗のまったく新しい目標設定の世界を認識し、つぎの行動につながる内容になっています。

本プログラムは、次のような方にとって多くのメリットが期待できます。

  • 本当に達成したい目標がまだ見えていない方…
  • これまで目標を達成することに慣れていない方
  • 目標を立てても途中で挫折することが多い方
  • なんとなく生き、良くも悪くもない平凡な人生に飽き飽きしている方
  • 別に困っていないけれど、このままで終わりたくない方
  • 人を指導する立場にいる教師、コーチ、カウンセラーの方

 

上記の職業や立場にある/ないに関わらず、2019年をこれまでの人生でもっとも多くの目標を達成し、充実した一年を送りたい方にとって、インスピレーションに溢れた学び多いプログラムです。

 

開催日時&会場

開催日:2019年1月26日(土)

時間:19:10〜22:00(19時受付開始)

会場:TKP赤坂駅カンファレンスセンター(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館)

受講料:20,000円 → 早期割引価格 14,500円(税別)※2019年1月16日迄の期間限定

決済方法:銀行振込 or クレジットカード

講師:ジョン F.ディマティーニ、李英俊

主催:やる気研究所(株式会社イー・エム・ズィー)

受講申込み

「受講申し込み」ボタンをクリックして、手続きをしてください。

早割価格(2019/1/16迄)

 





やる研

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。




MENU

CONTACT
HOME