Luck Factor:運氣調整ワークショップ

電話番号

 

 

雨が降ったら傘をさす…

しごく当たり前のことのようですが、これは優れた人生の知恵です。

雨が降ったことをどんなに嘆いたり、文句を言っても、仕方がありません。

天地自然の営みである天氣を、一個人がコントロールしようとしても徒労に終わることは必然。

自分の力の及ばないことではなく、自分がコントロールできることに知恵と能力を傾けることが賢明です。

私たちの多くは人生に幸運が訪れることを望んでいます。そして、幸運を手に入れる方法を知りたいと願います。

開運グッズの販売や占い、スピリチュアルセミナーなど、大きなビジネスになっているのは、それだけ多くの人が幸運をもとめている証拠です。

幸運を引き寄せる方法があると信じているということは、言い換えるなら、運はコントロールできるという前提に立っていることになります。

しかし、冷静に考えれば、自分が運を創造したのでもないかぎり、運をコントロールすることはできないのではないでしょうか?

運が人間の手によるものではなく、人智を超えた働きによるものだとすれば、運は人間の力の及ばない類のものであるといえるのではないでしょうか。

ただし、このことが即ち、運に対して私たちが無力であることを意味するわけではありません

運の創造主ではない私たちであっても、運に対してできることがあります。

それは…

運を味方につけることです。

そしてそのために私たちが取り組むことは…

運氣の調整です!

ところで、あなたは”運”の存在を信じますか?

これを読んでいるということは、あなたはの答えは”Yes”ですよね。

科学全盛の現代では”運”を政治、経済の分野で真剣に論じられることはありませんが、ほんの100年前までは、”運”は普通に世界的に政治経済の意思決定に重要な考慮すべき最重要要因の一つでした。

実は現代でも、政治家や経営者の多くが密かに”運”を非常に大事に扱っていますし、目に見えない精神世界に関心を持たない実業家、物質合理主義者、科学者であっても、神社やお寺を参拝し、御守りを買ったり、おみくじを引いたり、縁起をかつぐことをしています。

優れた経営者ほど神仏への傾倒が強く、判断するときに直感を大事にし、”ご縁”を人脈作りの要(かなめ)としているのが実際です。

“運”は、目に見えず、検証することも容易ではありませんので、公の政治経済活動の場で語ることはほとんどありませんが、個人レベルでは大半の人が”運”の存在を認識し、日常的に判断の要因としています。

“さて、この目に見えない力である”運”をどうやって味方につけるというのでしょう?”

”運氣を調整するとは、どういうことでしょう?”

運は人智を超えた目に見えない働きですから、この自然界や宇宙の運行のように一定の法則性があると考えられます。

私たち人類は、これまでにも目に見えない引力や磁力、電波などの力(エネルギー)の存在を科学的に発見、証明してきました。

科学的な証明とは、数字を用いて数式や公式で表したことを指します。

20世記には多数の”天才”と呼ばれる科学者や発明家がいました。

そうした天才の中でも最も未来の科学に近い、つまりより宇宙の解明に近いところにいた天才との呼び声の高い発明家がニコラ・テスラです。

テスラは、空中放電実験をし、テスラコイルを発明し、さらに自然界のエネルギーをそのまま活用するフリーエネルギーの構想を持ち、電線を使わず電波で世界中に電氣エネルギーを供給する『世界システム』を提唱しました。

そのテスラは、以下の言葉を残しています。

“If you want to find the secrets of the universe, think in terms of energy, frequency and vibration.”

(宇宙の秘密を解明したいならば、エネルギー、周波数、波動について研究しなさい。)

”If you only knew the magnificence of the 3, 6 and 9, then you would have the key to the universe.”

(3,6,9の数字のもつ力を解明しさえすれば、宇宙への鍵を手に入れることになる。)

この世界の正体はエネルギーであるとされています。

テスラの最初の言葉を解釈するならば…

✔︎ エネルギーは”光” であり、その光は”色”として形を表し、私たちは認識します(視覚)。

✔︎ 周波数は、音や言葉として私たちは認識します(聴覚)。

✔︎ そして波動は、人と接触し交流したり場を訪れることで感じとることができます(触覚)。

二番目の言葉は…

宇宙の構造は、数字を用いた数式で表現できると言われているように、その数字の中でも特に3,6,9という数字が持つ意味を解明することがテスラは重要と考えたようです。

下の動画をご覧ください。

これは1〜9の数字の関係性を示したものです。

二進法(2のn乗)で表すと、2の0乗=1、2の1乗=2、2の2乗=4、2の3乗=8、2の4乗=16、2の5乗=32・・・となります。

この二進法で表した数字の2桁の数字について単数変換する(1桁の数字で表す)と、例えば16→1+6=732→3+2=5となります。

2のn乗を続けると、単数変換した数字は1,2,4,8,7,5,1,2,4,8,7,5・・・と、(1,2,4,8,7,5)のパターンを繰り返し続けることになります。

ここで氣づかれたと思いますが、数字の3,6,9が現れませんね

さて、そこで今度は(1,2,4,8,7,5)を、それぞれ隣の数字をペアにして足し算をし、それを単数変換します。

1+2=3

2+4=6

4+8=12→1+2=3

8+7=15→1+5=6

7+5=12→1+2=3

5+1=6

1+2=3

  ・

  ・

  ・

おわかりでしょうか?

すべて3と6の繰り返しになるのです。

さて、そうすると数字の9がまだ現れていません。

9は、3と6を足した数になることはわかります。

さて、こうした一連の数字の関係性をただ言われたままに聞いていると、二進法、単数変換、足し算・・・と、なるほど言われた通りにそうなりますね、で終わってしまいます。

が、この数字の関係性に「あれ、どうしてだろう?」と好奇心を示して考えることが、見えない世界の解明の始まりになります。

テスラが言っていたように

もしも3,6,9の数字の持つ力を解明したら、宇宙(未知の世界)の鍵を手に入れることができるのだとしたら?

未知の(=目に見えない、まだ解明できていない)世界である”運”もメカニズムも同じく解明できるのだとしたら?

実は、運氣の仕組みは、まさにこの3,6,9の数字と密接に関連します。

そして、あなた自身についても数字によって固有のキャラクターとしてアイデンティティを特定することができます。

つまり、あなたのDNAにあなた固有の数字が割り振られているのです。

あなただけではありません。地球上のすべての人類が固有の数字を持ち、色、音、他人との関係性による影響を受けながら運氣が運ばれています。

「本当かなぁ〜」って思いますよね。

私も初めてこの話を聞いたときは、眉唾物だと思いました。

しかし、私自身の過去の記録と照らし合わせていくとき、私と両親、兄妹、そして妻と息子たちとの関係。

さらには、会社スタッフとの関係、コーチングの生徒、コンサルティングのクライアント先との関係によって、数字的に見事に合致していたことに氣づいたときには驚きというか感動を覚えたほどでした。

そして、この数字の裏には、あの3,6,9の数字の存在があったのです。

ちょっとゾクゾクと鳥肌が立つほどです。

今、この文章を読んでいるあなたにお伝えしたいことがあります。

あなたの今年、来年の運氣を知りたくないですか?

運氣を知れば、あなたがこれから何を準備し、計画し、そして何を実行することで、より充実した一年にすることができるか見えてきます。

あなたの家族とどのような関係性を持っているか知りたくありませんか?

あなたが職場で知り合った人たちとどのような運命的な出会いをしているのか知りたくありませんか?

表面的な付き合いではなく、その出会いの運命的な意味合いを知ることで、あなたが他人を見る目は大きく変わることでしょう。

人生に偶然はないということを、確信することでしょう。

そして、あなたは今の人生に心から感謝することができるでしょう。

人生の見え方が大きく様変わりするでしょう。文字通り、人生が一変します。

人生は、あなたが想像する以上に愛に満ち溢れた世界であることを知ることになります。

最後に一言お伝えすると…

あなたが数字を通じて知る人生の仕組みと運氣は、あなたがこれまで学んできたこととは異なるものである確率が高いです。

あなたが期待するものとは異なるかもしれません。

しかしながら、決してあなたから力を奪うものではありません。

あなたに本来の力を取り戻してもらう氣づきの情報となることでしょう。

人は情報で変わり、運命は人で変わります。

Luck Factor:運氣調整ワークショップ』であなたをお待ちしています。

 

<講師紹介>

岩元貴久(やる気研究所代表)
1990年より世界最大級の外資系経営コンサルティング会社の東京、クリーブランド、ロサンゼルス事務所に勤務後、アメリカのネットビジネス系コンサルティング会社にて営業兼コンサルティングマネージャーを経て2000年に独立。

日米で複数の事業を19年以上経営する企業家であり、日本に情報ビジネスを紹介したインターネット・マーケティングの先駆者でもある。新進気鋭の事業経営者や各分野のプロフェッショナルのビジネスおよびライフコーチを中心に講演、執筆、セミナープロデュースといった教育活動を精力的に行っている。

世界レベルの指導者や思想家から直接学び、現在は世界的な人間行動学のスペシャリストであるドクター・ディマティーニのメソッドを中心に、世界最先端かつ効果再現性のあるノウハウを指導している。

著書に『情報商人のすすめ』『稼ぐ人だけが知っている13の氣づき』『幸せはすぐそばにある』等、訳書に『奇跡の経営』『世界はバランスでできている』「自分を知る最高の授業』『心を知る技術』『イメージは物質化する』等多数がある。

開催日時&会場

■ 開催日:2019年12月14日(土)

■ 時間:13:10〜16:00(13時受付開始)

■ 会場:赤坂パークビル・アネックス会議室(東京都港区赤坂 5-2-20)

■ 投資額:定価 12,500円(税別)→特別割引価格9,500円(税別)

■ 決済方法:銀行振込 or クレジットカード

■ 講師:岩元貴久

■ 主催:やる気研究所(株式会社イー・エム・ズィー)

※キャンセル規定
お申込み後、決済が完了しますと受講料の返金はできません。ご承諾の上、お申込みください。

受講申込み

「受講申し込み」ボタンをクリックして、手続きをしてください。

 





やる研

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。




MENU

CONTACT
HOME